ハイチオールCホワイティア 口コミ

MENU

気になったので色々買っちゃいました

シミに効果のある薬 比較

 

「ハイチオールC」って女性の間では何年も前から有名ですよね。
「疲れが取れる」「お肌の調子が良くなる」という効果が評判ですね。

 

でも、今では「ハイチオールC」は販売されていないって知ってました?
ハイチオールCは進化を続けていて、ハイチオールCプラス、ハイチオールBと、用途によって色んな種類があるようです。

 

新発売!ハイチオールCホワイティア口コミします|シミに効果のある薬を比較してみました。

 

そんな中で今最も注目を浴びているのが、新発売のハイチオールCホワイティア♪
鈴木京香のCMで有名になりましたよね。

 

 

他のハイチオールよりもシミに効く薬なんだそうです。
「なんだそうです」というのも、まだ新発売なので口コミが非常に少なく、あまり情報がないから・・・。

 

ということで、自分で買って自分で口コミをしてみることにしました。
ハイチオールCホワイティアは、公式ページでは120錠4,860円とされていますが、実際には2,700円ぐらいで買えます。

 

ハイチオールCホワイティア公式ページ

 

1日に4錠飲むので、120錠で1か月分になります。
朝に2錠、夜に2錠飲めばOKなので、3回飲まなければいけない商品よりもちょっとラクなところがイイですね♪

 

ハイチオールCホワイティアだけじゃない。シミ消し飲み薬

実は、シミ消し系の内服薬はハイチオールシリーズ以外にもあります。
というか、結構たくさん種類が出ているんです。
流行りなんでしょうか?

 

ガンコな顔のシミに困っている私は、このシミ消し系のお薬についてかなり調べました。
その結果、気になった商品を購入してみました。

 

シミに効果のある薬 比較

 

ハイチオールCホワイティアのほかに、

 

・ロスミンローヤル
・シミトール
・DHCエルシスホワイト

 

があります。

 

思い切って4つ全部買ってしまいました!

 

シミ消し系第三類医薬品、成分を比較してみました

同じシミ消し系第三類医薬品とはいっても、中身は全然・・・というほどでもないけど、結構違います。

 

どの商品にも「だから効く!」という根拠があっての商品なのに、中身が違うというのはなんだか面白いですね。
きっと風邪薬とかもそうなんでしょうが、今まで気にしたことがありませんでした。

 

まず、ハイチオールCホワイティアです。

 

シミに効果のある薬 比較

 

Lシステイン・・・240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)・・・500mg
パントテン酸カルシウム・・・30mg

 

内容はこんな感じになっています。

 

この「Lシステイン」という成分がカギみたいですね。
他の商品のほとんどに含まれていました。

 

有名さが勝ってますが、けっこうフツーかもしれません。

 

 

次にロスミンローヤルです。

 

シミに効果のある薬 比較

 

・・・多!!
めちゃくちゃ入っている成分が多いです。
というのも、シミ以外にも小ジワや冷え性などありとあらゆる問題にアプローチするように、漢方薬が入っているんです。

 

ハイチオールCホワイティアに入っている成分だけ比較すると

 

Lシステイン・・・160mg
アスコルビン酸(ビタミンC)・・・180mg
パントテン酸カルシウム・・・15mg

 

全体的に少なめになっています。
その代わりローヤルゼリーや漢方などがふんだんに含まれているので、これだけの比較ではあんまり意味がないかもしれません。

 

シミも消したいけど、冷え性もなんとかしたいし、手のシワなんかも気になるという、欲張りさんにはいいですね。

 

ロスミンローヤル初回限定販売ページはこちらです

 

 

 

次に、シミトールです。

 

シミに効果のある薬 比較

 

アスコルビン酸・アスコルビン酸カルシウム(ビタミンC)・・・2000mg
リホブラビン酪酸エステル(ビタミンB6)・・・6mg

 

ビタミンC多!!
ビタミンCの量だけで言えば、シミトールはこの中で圧勝でした。

 

だけど、ビタミンCしか入っていないというのはちょっと考えちゃうかな。
とか言いながら買った理由は「ビタミンCだけでどこまでシミに効果があるのかな?」と気になったからです。

 

 

シミトール初回限定販売ページはこちらです

 

※シミトールの初回980円販売は終了したようです。
現在は3,780円で販売されています。
http://www.mizu-ho.com/item/shimitoru/

 

 

最後にDHCエルシスホワイト

 

シミに効果のある薬 比較

 

 

Lシステイン・・・240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)・・・363mg
パントテン酸カルシウム・・・24mg

 

 

知名度では、ハイチオールCに劣りませんね。
これは成分をあまりチェックせずに「DHC」というネームバリューだけで買ったのですが・・・
結構しょぼいかもしれません(汗

 

ハイチオールCホワイティアと比較して、有効成分が全く同じなのに入っている成分量が少ない。
しかも1日3回服用。これはちょっとめんどくさい。
個人的に、これは買って失敗だったかなぁと飲む前から思ってしまいました。

 

DHCのホームページはこちらです

 

 

ハイチオールCホワイティアとロスミンローヤルが良さそう

新発売!ハイチオールCホワイティア口コミします|シミに効果のある薬を比較してみました。

 

 

今回、4つのシミ消し系お薬を買いましたが、個人的には

 

 

・ハイチオールCホワイティア
・ロスミンローヤル

 

この2つが良さそうだと思いました。

 

ロスミンローヤル初回限定販売ページ

 

ハイチオールCホワイティア公式ページ

 

ハイチオールCホワイティアがいいと思った理由は、新発売だから・・・というわけではなく(笑)
同じ有効成分のみ配合のDHCエルシスホワイトよりも全体的に成分の含有量が多いということと、1日2回飲めばOK!というところです。

 

昼間は忙しくってどうしても飲み忘れやすいので、1日2回飲めばOKという点は非常にポイントが高いですね
ロスミンローヤルは、ハイチオールCホワイティアに入っている成分だけを比較すればとても含有量は少ないようでしたが、他の成分がたっぷり入っているところに非常に魅力を感じました。

 

 

効果・効能を見ていると、しみやそばかす以外には・・・

 

ハイチオールCホワイティア・・・全身倦怠・二日酔い・にきび・湿疹・じんましん・かぶれ・くすりまけ
ロスミンローヤル・・・にきび・肌荒れ・小じわ・肩こり・頭痛・神経痛・のぼせ・耳鳴り・冷え性・手足の冷感・腰部冷感・栄養補給

 

といった感じです。

 

こうして効果・効能を比べてみると、ハイチオールCホワイティアはどちらかというと、30代前後の若い人向けのお薬じゃないかな?と思います。
肌のかぶれやくすりまけとか、内部から来るものよりも外部から来る刺激への効果って感じがします。

 

そしてロスミンローヤルは40代前後の人向けなんじゃないかな?と。
冷え性や頭痛、神経痛などなど、内部から来る不調にアプローチするように作られている感じです。

 

悩まれている方は、自分の年代を照らし合わせてみると自分に合った薬が見つかるのではないでしょうか?

 

30半ばぐらいの方は、自分の体と要相談・・・というところだと思います。

 

シミ以外に、自分のどこに不調を感じるか、一度じっくり体を観察してみましょう。
そうすれば、自分が選ぶべき薬がわかるのではないでしょうか。